ヤブヘビというか、自業自得というか

 

20170814 

 

就業規則をご依頼いただいた会社、
社内の異動が多いとは聞いていた。

  
先方の担当者は、
自分が異動することを予測していたのだろうか、
賃金制度設計の詳細の話になると、
実際に運用して現場で判断しますので、
細かい検討やシミュレーションはしなくてよいです。
ともかく、
いったん形としてまとめてください、の一点張り。

  
そうですか、
それではお言葉に甘えてと、
私も、
先方の検討なしでどんどん制度設計が決まっていくのは楽なので、
どんどん進めていった。

  
ところが、
予想より早く担当者が交代してしまった。
最終的な全体の調整をする段になって、
新任者と交代してしまったのだ。

  
新任者は張り切っている。
自分の判断で最終的に制度の形が決まる役割を担わせてもらって、
どこもかしこもきっちりと検討しようと鼻息が荒い。

  
私の説明に、
ここはどうなっているのか、
これはどういう経緯で決まったのか、
この数字の根拠はなんなのか、
と、
先方が検討しないのをいいことに、
あいまいな根拠でデータを使用したり、
下手すれば他社のものをそのまま流用したりして、
要するに、
私が手を抜いていた部分を的確に追及してきた。

  
こうなれば、そのままではすまない。
前任の方が適当でいいと言ったのでとも言えず、
私のあいまいな仕事振りが指摘される度に、
私一人の責任になり、
始めに戻っての作業となるのであった。
あああ。
ヤブヘビというか、自業自得というか

  
やはり、
仕事の手を抜いてはいけないのだ。

 

                   ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

 

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

 

| | コメント (0)

懐かしの音楽三昧の日々

20170707  

 
私事で恐縮ですが、
最近の楽しみは、
インターネットでの音楽鑑賞、
それもかなり昔のもの。

 
私の青春時代は、
フォークソングからニューミュージックと
日本の音楽界が大きく変遷していった時期です。
思春期に聞いた曲、
特にその歌詞には、
人格形成にも大きな影響を受けたと自覚しています。

 
吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫、ハッピィエンド、山下達郎……、

 
50歳を過ぎた今でも、
10代で聞いた彼らの音楽や歌詞が、
自分の血肉になっていることを感じています。

 
インターネットのYouTubeには、
おそらく同じ想いを持った同世代の人々が
昔の音と映像のデータをアップしてくれています。
個人で楽しんでいるので、
著作権の問題は多めに見てください。

 
で、
気づいたのですが、
これらのミュージシャンの多くが、
今でも現役で活動しているということです。

 
で、
ネットを探っていると、
井上陽水が私の町にツアーで訪れるとのこと。
申し込むと、
二階席でしたが、最前列の席が取れました。

 
10代の頃、
北関東の奥地の片田舎に住んでいた私には、
フォーク界のスターたちは雲の上の存在でした。
それが、今では、
チケットは自宅で買えるし、
自転車で見に行ける。

 
当日、
さすがにホールは多くの人で溢れていました。
ほとんどが私よりも年上の団塊の世代です。
井上陽水がアルバム『氷の世界』でブレークしたのが、
1973年から74年なので、
私は中学1年生。
その当時、
高校生大学生だった人がファンの中心といったところでしょう。
中にはもっと高齢らしき女性も見受けられ、
おそらく、
『少年時代』からのファンでしょう。

 
まったく古びていない陽水の音楽の世界に酔いしれました。
現役だけに、
アレンジや舞台装置や演出などは見事にアップデートされているのです。

 
オーラスの『傘がない』、

 
圧倒的なドラマチックな世界感!

   
圧巻、泣ける。
もう何も言うことはない、
このクオリティ。

 
月並みですが、
明日への活力をいただきました。
俺もまだまだ頑張らなくちゃ。

 
ぜいたく言えば、
『東へ西へ』と『いっそセレナーデ』がなかったのが、
残念。

 
                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

 

| | コメント (0)

10分どん兵衛について

 
20170613  

 

昨年のことになりますが、
ネットを介して若者の間で、
『10分どん兵衛』が流行しました。

 
カップ麺のどん兵衛を10分間置いてから食べると、
美味しいという。

 
さっそく、
どん兵衛のきつねうどんで試してみると、
要するに、
麺が煮込みうどんのようにトロトロになって、
確かに美味しいです。

 
しかし、
10分間放置してあったわけですから、
つゆはすっかり冷めています。

 
それなら、
実際に煮たほうがいいいんじゃないかと、
カップから鍋にあけて、
コンロで煮込んでみました。

 
これなら10分かからず、
3分も煮ると、
麺はトロトロです。
さらに、
熱々なのも、嬉しいです。
これは、別格の美味しさです。

 
それ以来、
カップうどんも、カップそばも、カップラーメンも、
鍋にあけて、煮込んで食べています。
どれも熱々にすると、とても美味しいです。
熱々だとカップがふにゃふにゃになるので陶器の丼にあけて、
ネギやかいわれ大根などをあしらうとさらにグッド。。

 
あれ、
火もいらない、
鍋もいらない、
丼もいらない、
具もいらない、
カップ麺の簡便さのメリットをすべて否定するような食べ方です。
これで、いいのでしょうか。

 

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

読書の実験中

20170531  
   

 
読書の実験をしています。

  
昨年末に仕事机を整理したところ、
約20冊のつん読状態の本が発掘されました。

  
この本を何とか読み終えたいと思うのですが、
仕事関係の本を一気に読み通すのはかなりの集中力が必要です。
20冊は1年かかっても読めないかもしれません。

  
そこで、
毎日、仕事を始める前に、
よほど急ぎのことがある場合以外は、
1時間を読書の時間に割くことにして、
1冊あたり5分間の持ち時間で読むことにしたのです。

  
整理した机の目の前に本を立てて、
(寝かせてしまうと、またつん読になってしまいますので)
携帯電話をストップウオッチにして、
5分読んだら次の本、
また5分経過で次の本というようにして。

  
不思議なことに1冊の本を1時間読み続けるというのは、
大変難しいのですが
(気がつくとパソコンでマージャンゲームをしていたりします)、
この方法であれば、
1時間集中力が途切れずに読み続けることができるのです。

  
ただし、
現在、4カ月ほど経過していますが、
20冊分の知識がぐちゃぐちゃになって頭の中で混在しています。
これが、すべての本を読み終えたとき、
きれいに整理された20冊分の知識が頭の中で構築されるのか、
それとも、
ぐちゃぐちゃのカオスができあがるのかは、わかりません。
どちらかというと、後者のような気がしますが。

  
後日、ご報告させていただきます。
  
  

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

庭で育てたくなりまして……


20170506 

 

このゴールデンウイーク、
当地は素晴らしい快晴が続きました。
まさしく、これぞ風薫る5月、の好天に恵まれ、
さんさんと日の光が降り注ぐ
我が家の庭を見ていたら……。

  
2年ぶりの園芸熱がむくむくと……。

  
私事で恐縮ですが、
と言うより、
このブログはすべて私事ですが、
2年ぶりのプランター菜園への挑戦です。

  
といっても、
この20年ほどの間、
挑戦と栄光と惨敗の繰り返し、
失敗のほうが多いかも。
たどり着いた結論は、
栽培が簡単で実り多きものだけにする。

  
そこで、
簡単な夏野菜、
トマトにキュウリにナスとピーマン、
それから、
麺類の薬味やパスタやサンドイッチにそえたりして使い勝手のよい
シソとパセリとバジル。

  
露地での失敗も多かったので、
すべてプランターで専用の土を使い、
野菜の苗はすべて接木もの。
と御大臣仕様で。

  
葉物だけは1、2回防虫剤使いますが、
あとは無農薬です。
野菜の味が違うんですよ。

  
ああ、収穫が楽しみなり。

Img_0601

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓
  

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ


ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

なぜ紛糾する!? 唐揚げにレモン

 

20170429  

 

世間では、
恋人が別れる原因になるくらいの重大問題として紛糾しているとか。

 
居酒屋のつまみの定番、
鳥の唐揚げに、
レモンをかけるかどうか。

 
一昔前の宴会では、
面倒見のよい女子が、
「かけちゃうねえ~」とかいいながら、
山盛りの唐揚げに均等にいきわたるように、
かつ、
目の前の人にシブキが飛ばないように片手でガードしながら、
手際よくレモンを絞る様子を見て、
「お、この子いい子なんじゃないか? 
嫁さんにむいてるんじゃないか? 
誘ってみようかな?
俺、既婚者だけど…」
なんて、思ったものです。

 
しかし、
ここに来て大きく世論の流れが変わったようです!
唐揚げに断わりもなくいきなりレモンをかけるのは、
無神経であると。

 
レモンが嫌いな人も、
レモンをかけた唐揚げが嫌いな人もいるし、
はたまた、
レモンは嫌いでもないけれど、
他人に断りも無く、
勝手にレモンをかける行動が気に入らない、
という人もいるとのこと。

 
いやはや、何だか、
人間関係が神経症過ぎませんか、
ちょっと面倒な時代です。

 

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ


ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

あるコンサルタントが言ってたんですけれど

20170412  

 

前回に続いて、コンサルタントねたで。
あるコンサルタントが言ってたんですけれど、
という技をご紹介します。

  
私も開業して10年以上が経過し、
それなりの年齢にもなってきましたが、
依然としてお客様の多くが、
つまり中小零細企業の社長ですが、
多くのお客様が私よりは年長の方です。

  
そんな社長の中には、
ほんとウチの社員はバカばっかりで、とか、
いくら募集してもなかなかこれはと思えるようないい人材がこない、など、
文句を言ったり、
グチったりする人が多く、
よく、
どうしたらいいのかとご相談をうけるのですが。

  
私も、
法律面だけではなく、
自分の過去の経験からいろいろアドバイスはさせていただくんですが、
やはり、
年長の方に、
ストレートにお説教的なコメントは言いづらい。
向こうも自分の考えを否定されるようなお説教は聞きたがらない。

  
そこで、
編み出した技が、
あるコンサルタントが言ってたんですが、
です。

  
社長が自社の社員の悪口を言いだしたら、
中小零細に、
優秀で従順な社員が勢ぞろいするなんてことはありえないんです。
多少なりとも、
こんな小さな会社にご縁があって、
入社してきてくれた人を大事にしなくてどうするんですか。
中小零細の人事労務管理は、
いまいる社員がベストメンバーだと思うことからスタートするんですよ。
これは、
あるコンサルタントが言っていたコメントなんでけど、
私も、なるほどなあ、その通りだなあって、思うんですよ。
そうじゃないですか、社長?

  
こうやって、使います。
すると、社長が黙って、考えています。
しめしめ。

  
あるコンサルタントが言ってたんですけれど。
ひそかに威力のあるコンサルティングの技なのです。

 

                   ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

社長の悩みを聞きだすには……?

 

20170331 

 

あるコンサルタントの本を読んでいたら、
経営者から悩みを引き出すことが大切だという、
至極当然なことが書いてあった。

  
経営者の悩みを引き出して、
それに解決策を提供すればコンサルタントの仕事になるはずなので、
経営者の悩みを引き出すことが、
コンサルタントの業務の第一歩だとのこと。

  
ところが、
経営者はひねくれている人が多いので、
社長は悩みはありますか? と聞くと、
ない、と答えるという。

  
そこで、
社長は万事うまくおやりのようで、
お悩みなんかないですよね? と聞くと、
いや、ある、と答えるというんです。

  
すると、最初の、ある、さえ引き出してしまうと、
社長という人種は話したがり、聞いてほしがりなので、
実はこれこれこういうことがあって、
とほおっておいても喋りだすという。

  
社長はひねくれものというのは言い過ぎで、
単なる会話の反射神経というか、
作用反作用みたいなことかもしれませんが、
簡単なテクニックなので、
社長にはお悩みなんかありませんよね? 
は、使えるなと思いました。

 

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓
  

 

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

正月の酒を飲み干す……

20170309 

  
昨年の終わりのことです。
近頃は、ご商売もつねに先へ先へでございまして、
12月の頭にスーパーに行ってみますと、
もう、クリスマス用のシャンパンやら、
お正月用の金粉入り日本酒などが並んでおります。

  
ま、そんなものを見てしまいますと、
年末年始にドタバタするよりはいいだろうと、
つい、
いつもはあまり飲まないような
シャンパンやらワインやら日本酒やらを買いこんでしまいます。

  
ところがどうでしょう、
それから二週間ほどして、
まだ12月の中旬なのに、
お正月用のお酒がすべてなくなっているんですね。

   
これでは、
私の人生最大の楽しみである
1月2日の日に、
朝からコタツで日本酒を飲みながら、
箱根駅伝を見る、
という楽しみがなくなってしまうではありませんか。
いつの間にか眠ってしまって、
しまったゴールを見逃したという楽しみがなくなってしまうではありませんか。

  
とっとと、
酒を買えばいいだろうというご指摘が聞こえてきそうなので、
ここで、一句。

  
『正月の酒を飲み干す師走かな』

  
お後がよろしいようで。

 

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

外壁修理の営業マンについて

20170228 

 

我が家は築35年を超えたおんぼろ木造一戸建てです。
10年前に、
もうかなり古びた中古住宅を庭の広さに魅かれて購入したのですが、
さすがに木造住宅は30年過ぎるとどんどんボロがでてきます。

 
縁台は崩れ落ちる、水道管は何度も破裂すると、
もうそこら中、老朽化してきたのですが、
何が一番困るって、外壁が一カ所、しかも通りから見える部分が、
剥げ落ちてしまったのです。

 
それから、もう来るわ来るわ。
そう、外壁修理の営業マンが。

 
『これじゃあ、みっともないでよ』とか、
『ここから家が壊れますよ』とか、
いろいろセールストークがあるんですが、
中でもこんなのがありました。

 
『私、ご近所で外壁直している職人なんですが……』、
『今、お昼休みで通りかかったら、お宅の壁が落ちてるのが見えて……』、
『普段は営業活動なんかしないですが、職業柄、このままほおっておくと危険なのが分かるので、思わず声をかけました』
『私は職人なので、直接頼んでもらえば、お安くやります』

 
これには、かなりソソラレタのですが…、
その後、何人もの職人さんがお昼休みに立ち寄られました。
ああ、これもありがちな営業トークなんだなと思いとどまりました。
ほんとは、職人さんじゃなくて、営業マンなんだなと。
現場の職人さんが思わず声をかけてしまったという設定が、
リアリティあって、うまいですよね。 

 
その後、外壁の傷はどんどん大きくなって、
そろそろ修理を頼もうかなと考えていると、
営業マンはだれも来ないんですよね。
もう、この家は修理頼む気がないんだろうと、
営業マンからも見捨てられてしまったようです。

 

 
                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

«マイナンバー対応