« 2社目の就業規則を納品。 | トップページ | ぬか漬けのようにコツコツと。 »

就業規則は、1行で!?

 

ある社長が、突然、こう言った。

 

「就業規則って、1行でいいんとちゃうの?」

 

「え、どういうことでしょうか?」

 

「すべて最新の法律に従います、でいいんじゃないの」

 

私、一瞬、つまる。
そんな話、聞いたことない。
ある意味、商売人らしい効率重視のすばらしい発想かも……。

 

いけない、いけない、ここが正念場だ。

 

こんな発想の社長にも就業規則の役割を理解してもらい、よりよい職場環境を作る人柱(?)となるのが私の役目。
もちろん、頭ごなしに否定して、
先方の気分を害しても、自営業としては失格だ。

 

就業規則は会社の基本的なルールで会社の憲法ともいわれています。
就業規則をみることによって、
社長や人事担当者だけでなく、一般社員も、
社内の規定がすぐわかるような使い勝手のよいものでなければいけません。

 

そして、労働環境をとりまく多くの法律は時代の趨勢に合わせて、頻繁に改正が行われています。
就業規則がたった1行だったら、
どこを見たら現在使用されている会社のルールがあるのかわからないでしょう。

 

最新の改訂が行われた詳細でわかりやすい就業規則は、人事労務に関する省力化の意味も大きいのです。
就業規則を見さえすれば、会社のルールがすべてわかるのですから。

こんなところで、ご納得いただきました。

 

中小企業といえど、社長はさすがに経営者ですから、
理屈が通って納得してくれれば、信頼してくれて、金も出す。

 

中小企業で、もっとやっかいなのは、経理のおばちゃんだ。
中小企業には、100%いる経理のおばちゃん。
士業だけでなく、あらゆる営業マンや他社とかかわるお仕事の人は、このおばちゃんに涙を飲まされてきたのではないだろうか。

 

勤続20年くらいで、社内をほぼ取り仕切っている。
社長の奥さんの場合もあるけれど、
なかには、社長の愛人を兼ねているなんて最悪のケースもある。
この人の関門をくぐらなければ、社長にたどり着けないこと多し。

  

あ、うちはそういのはいりませんから、と社長に確認もせずに即答する。
95%は意地悪である。
(最近、とてもいい人にあったので、100%ではない)
95%は太っている。
(なかには、がりがりに痩せているのもいる)
……、この項目を書き続けるのは自殺行為に思えてきたので、終了。

 

さて、業務は、
C社の就業規則改定作業が本格的にスタートし、
B社の賃金規定改定の準備を進めている。

 

加えて、再度、DMを検討する。
今度は、新規設立法人にしぼったテキストを作り、
リストを準備中。
市内で約200社のリストを入手したが、
(って、偉そうだが、実際には役所に行って、自分で手書きで写してきた)
1社ずつネットで検索してみる。

 

いくら新規法人といえども、
一度もネット上に現れていなければ、
個人事業に近いもので、就業規則の可能性はないだろうと判断。
そしたら、リストが10分の1になっちゃった。
要再考。

 

そうこうするうちに、A社から就業規則に誤字があったと連絡が。
流用部分だからつい見落としてしまったのだが、ひとまず反省。
しかし、どこまで、アフターサービスになるのか?
悩ましいところ。

 

※今日の運動と食事
 ウオーキング1時間。
 毎日暑いので夕涼みを兼ねて、妻と深夜の住宅街を散歩。つい、ヒトの家を覗きこんでしまい、不審人物と思われているかも。

朝食:野菜ジュース、目玉焼きとキャベツ、梅干、しいたけ煮、ご飯、みそ汁、コーヒー、サプリメント
昼食: なし
夕食:シュウマイ、オカラ、ぬか漬け(キュウリ、ダイコン、ニンジン)、梅干、しいたけ煮、ご飯、みそ汁

Dsc01077 連日の猛暑。暑さのあまりもだえ苦しみながら(?)熟睡するケメ子。

   

 

    

    

    

|

« 2社目の就業規則を納品。 | トップページ | ぬか漬けのようにコツコツと。 »

「起業」カテゴリの記事