« 2007年1月営業報告(1) | トップページ | 2007年1月営業報告(3) »

2007年1月営業報告(2)

      

建設機械のリース会社に飛び込んで、
しばらく待たされて、2分ほど経過。

     

60代半ばくらいの小柄の男性が現れた。
頭は禿げ上がり、顔色はどす黒く、
なんだか、景気が悪そうだ。
名刺交換すると、常務取締役の肩書きが。
まあ、人は見かけじゃないですね。

     

同様に自己紹介すると、
『確か社労士さんは頼んでいる人がいたと思うよ』

『顧問契約されてらっしゃいますか?』

『どうだったかな。手続きは頼んでるけど、
契約はしていないんじゃないかな』

そんなこともあるのかな?

『社保労保のお手続きのほかに、
就業規則の改訂や賃金制度や評価制度の改定などもお手伝いさせていただきますが、
いかがでしょうか?』

『う~ん、今のところ間に合ってるかなあ?』

『就業規則は2、3年ほおっておくと、すぐ法律違反になってしまいます。
もし、よろしければ、現在の就業規則を無料で診断させていただきますが』

『じゃあ、聞いておきますよ』

誰に?

   

こちらが手に持っていたチラシと名刺を手を出して受け取ると、
常務取締役は奥に引っ込んでしまった。
ちょっと、がっかりして、玄関から出ると、
行きかうフォークリフトとぶつかりそうになる。
可能性はゼロじゃない、後で電話しよう。

     

しばらく歩くと、工場地帯にぶつかった。
目の前に宝の山とも思えたが、
あったらあったで、
ここは大きすぎるなとか、
ここは古そうだから絶対顧問いるなあとか、
選り好みしてしまう。

      

ここもまあまあの自社ビルだから、どうかなあ、
ええい、考える前に行動だ。
飛び込む、飛び込む、飛び込む。

      

『社労士いる。就業規則も新しくしたばかり』

『親会社にやってもらうので必要ない』

『以前は顧問もいたけど…。今はいらない』

『間に合ってますう!』

     

やはり、甘くはない。
飛び込むと、
社長が身を乗り出して、
ほほう、話を聞かせてもらおうか、
なるほど、なるほど、
社会保険には入らなきゃいかんなあと以前から考えていたんじゃよ、
仰せのとおり、就業規則も必要だ、
賃金表から作ってもらおうか、
顧問料はおいくらになりますか?
そんな、安いのか?
いや、いや、倍額、いや3倍お払いしよう、
ですから、いいお仕事をしてくださいよ。
小林桂樹さんのイメージかなって、
妄想だ。

     

飛び込み営業は歩いているときはヒマだ。
頭の中で妄想でもするしかない。

    

いかん、いかん、
めげそうなので、歌でも歌おう。
『私の~お墓のまあえで~、泣かなあいでくださあい~』
いかん、いかん、出かけにラジオで聞いて頭にこびりついていたこんな歌を歌ってしまった。
もっと、元気になる歌を歌わなければ。
『お~ブレネリ、あなあたのお家はどこお~? 
 わたしいのお家は~、スイッスラアンドオよお~?
 きれっいな湖水の~、ほとりなのよお~っと』
よし、意味はわからないけど、元気は出てきた。

     

  以下、次号。

             

     ランキングに参加しています。     

        ↓↓クリックお願いします。↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

|

« 2007年1月営業報告(1) | トップページ | 2007年1月営業報告(3) »

「起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2007年1月営業報告(1) | トップページ | 2007年1月営業報告(3) »