« 就業規則作成・改訂のポイント(3) | トップページ | やられるところでした! »

確定申告でフラフラの巻

20080310

  

個人開業を果たし、
2度目の確定申告を終えました。
結局、去年と同じことを痛感するのですが、

  

ああ、少しずつやっておけばよかった!

  

しかし、
今年も2月のシーズンが近づき、
キャンペーン担当の女優さんの申告風景がニュースになるまで、
何もしていないというのが実態でした。

  

伝票の山を抱え、
ソフトの入力が面倒で、
いやいやながらの作業に3~4日間没頭し、
なんとか申告書を作成し、
税務署に送付してしまうと、
もう、
確定申告のことなんか考えたくない!で、
結局、
また来年を迎えるのが目に見えています。

   
これでは、いけない。
愚かな自分と決別するための第一歩として、
今年の作業の手順だけでも書き残しておこう。
何しろ年に一度しかしない作業なので、
何をやればよいのかを把握するだけで、
多くの時間を要してしまうのです。
手順を記録しておくだけで、
来年の大きな手助け、
省力化になるはすです。
以下、個人的な備忘録で、失礼します。

   
1・請求書・領収書を月別に分けておく
さらに、現金扱いと預金扱いで分けておく。
クリップでとめて、
○月現金分とポストイットで見出しを付けておく。

   

2・銀行の月ごとの入出金明細をプリントしておく
これがあると、
預金扱いで売掛金が入金されたり、
経費を支払ったりする記録が見やすい。
チェックしたり、
書き込みをしたりするので、
キレイなものを保存しておくために、
2枚プリントしておくとよい。
ネット上で、
月ごとの明細がプリントできるが、
過去3ヵ月分しか遡れないので、
忘れずにプリントしておく。
同様に、
通帳の記帳ももちろん、しておく。
通帳も何ヶ月かほおっておくと、
通算されてしまい、
明細がでないので、
要注意。

   

3・申告ソフトに入力する
ソフトの年度を更新してから、
現金扱いと預金扱いをわけて一気に入力すると、
ソフトのオペレーション動作が同じなので、
時間短縮になる。
これを、半年分くらい事前にやっていれば、
どんなに楽になるか!
日計表をプリントして、
伝票類からモレがないかをチェックする。

   
4・あとは、ソフトがやってくれます。
申告書は、ソフトでもできるのですが、
税務署がせっかく送ってくれるので、
お役所の用紙に手書きしています。

   

それでは、来年の私に、よろしく!

    

以下、次号。
(猫については、引っ越しました。
http://mukuhiro.sblo.jp/

     

                ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ  

    

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

|

« 就業規則作成・改訂のポイント(3) | トップページ | やられるところでした! »

「起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 就業規則作成・改訂のポイント(3) | トップページ | やられるところでした! »