« 帰宅難民になった夜 | トップページ | 遅刻の話 »

開業5年の悩み

20111006

   
顧問先から、電話。
また、喪失(退職)だ。
社長! 今度こそ、いい人がとれたって言ってませんでしたか?
そこそこの会社で営業所をまかされてただけあって、
ウチの営業部をあっという間にまとめあげたって。
ウチの営業の古臭い部分を改革してくれる人材だって。

   
え、部長の新しいやり方が納得いかない?
方針を変えるように指導した?
そりゃあ、今までのやり方は社長が作ってきたものだから……。
もう、退職届が出てるんですか!

   
え、退職2人ですか?
ウチもついに大卒の新卒者が応募してくれたって、喜んでたのに。
イマどきの若者は総じて労働モラルが低いので、
そのつもりでご指導してくださいってお話ししましたよね。
手取り足取りモチベーションを高めてあげないと、
新卒なんて定着しないし、育たないものなんですよ。
新卒者が研修中に作業着を腰パンにしてるのを見て、ぞっとした?
退社するとき、ピアスをしてたのが決め手だったって?
それで、本採用はしないって言っちゃったんですかあ!?

   
ハローワークは今日も混雑している。
やっと一つあいたイスに腰を下ろす。
私は、社労士として、会社と社員の幸福を追求しよう。
大手も中小もベンチャーも経験した私のノウハウを、
管理職の経験もコンサルタントの経験も、
そのために使おうと開業したはずなのに……。

   
人件費を削りたいだけの経営者のご機嫌をとって賃金制度を改定し、
ノルマとは名前が変わっただけの目標管理制度で社員を苦しめ、
成果も給与もちっとも上がらない人事制度をつくり、
会社も社員も両方不幸にしてるんじゃないのか……。
『128番の方?』
『あ、やっときた。はい』

   
別の顧問先から、電話。
え、是正勧告が来た? 
30時間以上の残業を禁止した? 
いくら残業しても、出勤簿には30時間までと記録する内規を作ったって、
社長、それはサービス残業といって、法律違反ですってば。
そしたら、残業なんかしてない社員も全員、30時間で申請してきやがった、
この残業代、なんとかゼロにできないかなって、
社長、それでもめないなんてありえませんよ。
ともかく、明日、伺います。

   
ああ、開業すでに5年が過ぎても、日々悩み、走り続けている。
社労士修業の道は半ばなり。
(以上は、すべてフィクションです)

   

以下、次号。
(猫については、引っ越しました。
http://mukuhiro.sblo.jp/

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

|

« 帰宅難民になった夜 | トップページ | 遅刻の話 »

「起業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰宅難民になった夜 | トップページ | 遅刻の話 »