« 2014年4月 | トップページ | 2014年12月 »

落下報告

20140802 

 
我が家の階段の途中には出窓があるのですが、
先日、
そこにハエの死がいが落ちていたのです。
そこで、
小さなチリトリとホウキを持ってきて、
ハエの死がいを取りました。
それから、
階段を下りようとしたら、
その勢いで、
ハエの死がいがフアッと舞い上がり、
私の前方に飛んで行ってしまいそうになりました。

 
あわてた私は、
その死がいを追いかけようと前方に進みました。
しかし、
そこに階段はなく、
私の体は宙を飛んでいたのです。

 
その後、
私は、
手首とひじと後頭部と腰と尾てい骨をしたたか打ちながら、
階段を下まで落ちていきました。
よく言われるように、
まるでスローモーションのような体験でした。
ダン、ダン、ダン、ダン、ダダン、ダン!と。

 
近くにいた妻が、
あわててやってきました。 
妻いわく、
今まで家の中で聞いたことのないような大きな音がしたと。
いったい、どうしたの?

 
ハエの死がいを落としそうになって、
自分が落ちてしまったとは言えません。
というか、
数分間程、
私は水から吊り上げられたエビのように、
全身をビクンビクンと震わせながら、
痛みに耐えていたのです。

 

10分程して、
ようやく激しい痛みがおさまったので、
恐る恐る体を動かすと、
どうやら、
骨折は免れた模様。
しかし、
ほぼ、全身が痛い。

 

右手の人差し指と中指の爪が浮いていて、
出血している。
ヒジと手首は打撲と擦り傷から出血。
後頭部はジンジンと痛む。(この後、2日間ほど、めまいがしていた)
背中は動く度に、ズキンと痛む。
一番痛いのは、尾てい骨。
ズキンズキンと絶え間なく痛む。

 
しかし、
おそらく、
これだけ全身を打ったからこそ、
致命的なケガを負わずに済んだとも考えられる。
もし、
後頭部だけを打っていたら、
尾てい骨だけを打っていたら、
そうならなかったことだけを不幸中の幸いと考えます。
もう、痛くて、痛くて、
そうでも考えないとやってられません。

 

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ

ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

 

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年12月 »