« 2017年8月 | トップページ

やっかいなお客様

20171010  

 

お客様のことを悪く言うのは、
コンサルタントビジネスである社労士としては、
感心できないことではあるのですが……。

 
今回、少々、
どうにもならないお客様と遭遇してしまったので……。

 
現在、
就業規則をご検討いただいているお客様なのですが、
先方の担当者が、
なにか作業が滞るようなことがあると、
必ずどちらのミスなのかをはっきりとさせたがる、
というより、
社労士、つまり私のミスだと決めたがる。

 
たとえば、
就業規則のこの条文について、
検討に長い時間を要してしまったのは、
社労士の準備不足ではないか、
と言ってくる。

 
そんな話をしている時間に、
次の作業をどんどん進めたいのだがそうもいかず、
ま、
角が立たないように、
御社のご事情を十分ヒヤリングしてからでないと、
次のご提案もできませんのでなどというと、
そういった作業の手順を自分に理解させていなかったのは、
社労士のミスではないのかと言う。
そんなことより、
話を進めてほしいのだが。

 
この人は、何のために、仕事をしているのか……。

 
この人にとって、
就業規則を作ることは目的ではないように思える。
極論すると、
仕事相手のミスを発見して責めたてて、
優越感を感じるために仕事をしている。
それが、目的化している。

 
あるとき、
あきらかにお客側の落ち度によるトラブルが発生したときは、
『ちょっとした行き違いでミスが発生してしまったようですが』と、
あくまで自分に責任はないというような前置きがあった。
こっちはそんな細かいこと何にも気にしていないのに。

 
それでも、
こちらはあくまで謙虚に誠実に対応する。
じわりじわりと不愉快な気持ちになるのをこらえながら。

 
この方は、
大手企業から客先へ移ってこられた方だ。
自分が大手にいたことも、
大きな仕事をしていたことも、
毎回、話の中に入っている。

 
そのたびに、
すごいですね、大変だったんでしょうねえ、
と、お追従を余儀なくされる。
ああ、疲れる。

 
ごめんなさい、グチはこれで最後にします。

 

                 ランキングに参加しています。     

               ↓↓ クリックお願いします。 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログへ 人気blogランキングへ


ホームページはこちら。
http://www.sr-takahashi.com

メルマガでも読めます。
http://www.mag2.com/m/0000193612.html

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ